留守宅を管理してもらおう|住まいの劣化が防げる

将来の安心を得る

部屋

シニア層も住みやすい枚方市で、不動産を購入するメリットは色々とあります。その1つに挙げられるのが、将来の不安を解消できるという点です。賃貸だと毎月、賃貸料を支払う必要がありますが、不動産を購入していれば老後の金銭的な負担を減らせます。

もっと見る

自転車向きの平坦な土地

家

宇治市の不動産は別荘地としても住宅街としても人気が高く、今後不動産価値が下がることはありません。観光地なので駅前は賑やかですが、住宅街は静かな環境です。医療施設や助成制度も充実していますし、住みやすい環境が整っています。道が平坦なので自転車移動にもぴったりで、交通の便が良い点も評価されています。

もっと見る

広い土地を利用可能

メンズ

越谷で不動産を購入するメリットは広い土地を利用できて、平屋の一戸建てや広い庭つきの住宅などを手に入れやすいことです。住みやすさを重視した施策が行われてきていて、利便性が高いインフラがある点でも優れています。

もっと見る

不動産会社に依頼する

家の模型

一時的に入居してもらう

急な転勤などの事情で、家を長期間、空けることになった場合、泥棒の心配があります。不動産会社に相談すれば留守宅を管理してもらえることがあるので、まず、最寄りの不動産会社に連絡してみましょう。場合によっては賃貸管理をしている業者などを紹介してもらえます。もちろん、留守宅といってもどの程度の期間なのかによって、管理の仕方も異なってくるものです。何年も留守宅となるのなら、思い切ってその間だけ誰かに住まいを貸してしまうという手段もあります。信頼できる住人は不動産会社が探してくれるので安心です。一方、実家の親が倒れて一時的に看病に行きたいというような理由で、一週間程度、留守にしてしまうこともあります。このような時の管理も不動産会社に相談してみましょう。特に集合住宅なら管理会社が入っているので、留守宅になることを伝えておけば気にしてくれます。その期間はいつも以上に見回りを強化するなど、工夫をしてくれるので安心です。このように、管理会社が入っている住まいの場合、防犯対策にもなります。特にマンションでは管理人や警備員が常駐していることもあるので、心強く感じられるはずです。また、あまりにも留守宅期間が長くなるようなら、セキュリティ会社と契約することも一つの手段です。これもまた管理会社や不動産会社に相談することで、手配してもらえることがあります。セキュリティ契約の場合、機器を設置してくれるのでとても安心です。